1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.80 評価, 5 投票)
 

香港と深セン市の電子マネー相互利用に向け、両地で通用するICカードが年内にお目見えするもようだ。27日付香港各紙によると、香港鉄路(MTRコーポレート)傘下の八達通公司は26日、両地で利用されているオクトパスカードと深セン通カードの機能を合わせたICカードを年末に発行すると発表。

セキュリティーと人民元決済の問題から同カードには2つのチップが埋め込まれ、香港ドル部分と人民元部分は明確に分けられる。香港でチャージすれば深センでも利用できるわけではなく、深センで利用する場合は深センであらためて人民元でチャージしなくてはならない。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/octopus-and-shenzhen-tong-common-card/trackback/
この投稿へのリンク
オクトパスと深セン通、年内に共通カード発行 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET