1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.26 評価, 19 投票)
 

Q. 現在日本で中国の製品を輸入する会社を経営しておりまして業務拡大を検討しているのですが、日本在住のままでは税金が高く、同業の香港を拠点とする会社に競争力がどうしても及びません。

そのため所謂節税のために香港へ会社を移したいと考えているのですが香港へ会社を移すことは可能なのでしょうか?業種はネット環境と電話があれば比較的どこでもできる仕事です。
誠にお手数ですがお教えいただけないでしょうか?

記事の内容は、法規定の変更などにより、現在の状況と異なっている場合がありますのでご留意ください。

A. 香港へのご進出をご検討されておられるとお伺い致しました。
香港法人のメリットとしては、外貨管理の自由さ、貿易・金融業の発達などがあります。

しかしながら、税金の安さだけを目的にされて名目上のみで香港のペーパー会社へ移転(伝票だけを香港経由)されますと、香港法人の利益を日本において合算して申告することになります。

詳細は「タックスヘイブン対策税制」についての記事をご一読ください。

また香港での会社設立はこちらの記事をご参照いただければと思います。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/04/transfer-company-from-japan-to-hongkong/trackback/
この投稿へのリンク
[Q&A] 香港への会社移管について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET