1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

相談者:その他(香港)

Q. 日本にて営業活動を行うにあたって、香港法人(有限会社)の日本支店の設立を考えております。この場合の日本側における課税の考え方をご指導いただきたくお願い申し上げます。また日本における支店設立と株式会社設立の双方のメリット、デメリットをアドバイスいただきたく。



A. 日本サイドでの課税は、日本支店で獲得された所得のみが日本国内での申告対象となります。

なお、日本支店の決算数値は、本店である香港法人に合算されることになりますが、香港では香港外源泉所得として課税対象からはずすことが可能です。
法人と支店の違いについては、「現地法人、支店、駐在員事務所の比較」を御覧下さい。

これは香港での比較ですが、日本のケースでも参考になると思います。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2005/02/japan-branch-of-hongkong-corporation/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 香港法人の日本支店 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET