1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.95 評価, 19 投票)
 

Q. ベトナムでは、経理責任者のことをチーフアカウンタントといいますが、企業の責任、チーフアカウンタントの資格、業務責任などについて教えてください。



A. チーフアカウンタントになるためには、一定の学歴及び経験が求められることに加え、チーフアカウンタント認定コースを受講し試験に合格する必要があります。また、企業はチーフアカウンタントを任命しなければならず、チーフアカウンタントは決算書類などの作成責任を負います。

1. 企業の任命責任

企業にはチーフアカウンタントを任命し、企業会計の適正性を確保する責任があります。特例として、設立初年度に関しては、任命責任は免除されますが、設立後2年目以降には任命責任がありますのでご注意下さい。

2. 資格制度

チーフアカウンタントになるためには、チーフアカウンタント認定コースを受講し試験に合格しなければなりません。求められる実務経験は学歴に応じて異なっており、4年制大学の会計学部卒業の場合は2年間、3年制の短大や2年制の専門学校にて会計を学んだ場合には3年間の実務経験が求められています。外国人にもチーフアカウンタントへの道は開かれていますが、会計士などの資格(国内外問わず)を有するか、ベトナム語でのチーフアカウンタント試験への合格が求められる上、2年間の実務経験のうちベトナムでの1年間の実務経験が必要です。

3. 認定コース提供機関

財務省管轄により大学、短大、会計士協会などが認定コースを設けております。受講期間は3ヶ月から6ヶ月、料金はコース設定機関により異なりますが、およそ120万ドンです。コースに登録後、実際にコースを受講しなくても受験可能であり、合格率はほぼ100%といえます。

4. チーフアカウンタントの業務責任

チーフアカウンタントは、会計・税務関連法令を遵守し、企業の経理部門を管理する責任があります。決算書類の作成に際してはチーフアカウンタントとして署名が求められますので、財務諸表の作成には経営者とともに責任を有します。

5. チーフアカウンタントの常勤義務

企業から任命されるチーフアカウンタントの常勤の義務は法律上明確でありません。この点がチーフアカウンタントの需給逼迫と相俟って、パートタイムにて複数の企業のチーフアカウンタントを掛け持ちするケースも散見されます。責任の伴う重要なポジションであるため常勤のチーフアカウンタントの採用が望ましいといえますが、外資企業の進出は毎年増加傾向にありますので、経験及び語学能力を有するチーフアカウンタントの需要は常に高い傾向にあります。

今月のまとめ

  • 企業の任命責任:設立後2年目以降有り
  • 資格制度:学歴、経験、試験により認定
  • 認定コース提供機関:財務省管轄により大学、短大、会計士協会など
  • チーフアカウンタントの業務責任:法令順守、経理部門管理、決算書類作成
  • チーフアカウンタントの常勤義務:明文化されていません


NAC国際会計グループ ベトナム事務所
NAC (Vietnam) Co., Ltd.

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/05/vietnam-qa-chief-accountant/trackback/
この投稿へのリンク
[ベトナム 会計・税務] チーフアカウンタント制度 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET