1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

中国銀行(香港)は最新リポート「中銀経済月刊」で、香港に流入しているホットマネーの撤退リスクについて分析している。23日付『文匯報』などによると、リポートでは大規模な資金撤退が起きるきっかけとして、(1)米国の通貨政策変更(2)国際市場で再び重大なマイナス的事件が発生(3)中国経済の動向――の3つのケースを挙げている。多くの資金は銀行に滞留しているため、大規模な資金撤退が起こればまず金利上昇圧力がかかり、資産市場の調整はその次という。また、海外から流入した資金の主なターゲットは香港や香港ドル資産ではなく、中国本土市場と人民元資産と指摘している。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/12/china-bank-analysis/trackback/
この投稿へのリンク
中国銀行、ホットマネー撤退リクスを分析 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET