1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

Q. [日本・中国・香港 税制比較] 第4回 流通課税 に記載されている「原材料の100%を免税で輸入し、製品の全量を輸出するような進料加工企業でも、輸出製品の還付率が17%未満の場合は、増値税が課されることになります。」の意味を詳しく教えてください。

A. 進料加工における増値税の計算は免税・控除・還付方式により以下の公式で算定されます。

  • 当期納税額=当期国内売上税額-(当期仕入税額-当期免税・控除不能額)
    • 当期免税・控除不能額=(輸出貨物FOB価格-免税輸入原材料価格)×(徴収税率-還付税率)
進料加工では通常、国内売上税額、仕入税額ともにゼロとなり、免税・控除不能額分の増値税が課税されます。還付税率が税率より低い場合は、免税・控除不能額がプラスになるためです。

本来は全額還付すべき(還付税率と税率を等しくすべき)増値税の輸出還付ですが、輸出政策上コントロールされており、輸出が減速しはじめた2008年後半からは還付率の引上げが相次いでいます。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/06/vat-material-import-processing/trackback/
この投稿へのリンク
[Q&A] 進料加工における増値税の計算について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET