1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

相談者: 電子・コンピュータ(香港)
先日税務局から個人所得税の申告書が送られてきました。香港にきて初めての申告となりますので、給与所得の税金の仕組みがよくわかりません。税金をどのように算出するのか教えてください。

日本ではほとんどのサラリーマンの税金は、毎月の源泉徴収と年末調整で済んでしまいますが、香港では年一回本人が税務署に申告する必要があります。例年この時期に税務署から個人所得税申告書用紙が届きますので、会社からもらった給与支払明細をもとに記入し、1ヶ月以内に税務署に返送しなければなりません。
課税対象になるのは、香港を源泉とするすべての収入で、課税年度は4月1日から翌年3月31日までとなります。
算出方法は、年間の総所得から各控除項目を差し引いた純課税対象所得に累進税率(但し標準税率15%を限度とする)をかけたものが税額となります。

《主な人的控除項目》
基礎控除 HK$108,000
配偶者控除 HK$216,000
子女控除(一人あたり)
第1~2子 HK$30,000
第3~9子 HK$15,000
扶養父母控除 HK$30,000
寡婦(夫)控除 HK$15,000
扶養障害者控除 HK$60,000
《その他の控除項目》
住宅ローン控除 HK$100,000まで
認定自己学習費用控除 HK$30,000まで
退職スキーム費用控除(MPFなど) HK$12,000まで
《累進税率》
課税所得の最初のHK$35,000まで 2%
次のHK$35,000まで 7%
その次のHK$35,000まで 12%
それ以上の残額 7%

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2002/01/calculation-of-income-tax/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 給与所得税の計算について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET