カテゴリ

金融、不動産開発、教育補助サービス等の増値税政策明確化に関する通知
(財税[2016]140号)


概要

2016年5月1日より適用(第17条は2017年1月1日より適用)。「営改増」の改革に関連して、金融、不動産開発、教育補助サービス等の増値税政策を明確化するための補足規定が定められた。

国家税務総局による企業所得税に関する問題についての公告
(国家税務総局公告[2016]80号)
概要

2016年度以降の企業所得税確定申告から適用。企業所得税の取扱いに関する規定。主な内容は以下の通り。

  • 従業員の業務出張中に、交通機関の利用により支出した損害保険料は、企業所得税の計算上控除が可能。
  • 「国家税務総局による企業資産の所得税処理問題に関する通知」(国税函〔2008〕828号)第2条に規定される状況が発生した場合(資産を他人に移送し、所有権を変更する場合)、別途規定がある場合を除き、移送された資産の公正価格に基づき収入を認識しなければならない。

関連規定

国家税務総局による企業資産の所得税処理問題に関する通知(国税函[2008]828号)

《増値税会計処理規定》の公表に関する通知
(財会[2016]22号)


概要

2016年12月3日施行。「営改増」の改革に関連して、増値税の会計処理についての規定が公表された。国家統一会計制度と本規定が一致しない場合は、本規定を優先して適用する。2016年5月1日より本規定施行日までに発生した取引が、本規定により資産、負債等の金額に影響がある場合、本規定に従い調整を行う。

関連規定

財政部・国家税務総局による増値税改革の全面推進に関する通知(財税[2016]36号)

国家税務総局による失踪(消息不明)企業により発行される増値税専用発票の認定処理に関する問題についての公告
(国家税務総局公告[2016]76号)


概要

2016年12月1日施行。失踪(消息不明)企業に認定される条件が規定された。失踪(消息不明)企業により発行された増値税専用発票は、異常な増値税控除帳票と見做され、増値税控除又は還付処理が認められない。

広東省人民政府による『広東省「女性従業員労働保護特別規定」実施弁法』
(広東省人民政府2016年227号)


概要

2017年2月1日施行。現行規定である『広東省女性従業員労働保護実施弁法』は同時に廃止となる。現行規定から新規定への変更・追加内容は以下の通り。(※画像をクリックで拡大)
(続きを読む…)

人力資源・社会保障部は12月13日、全国31の省、深セン市及び直轄市の月額最低賃金標準及び時間当たり最低賃金標準を公表した。目下、月額のトップは上海市で2190元、時間給のトップは北京市で21元となる。2016年に最低賃金を更新したのは、北京市、天津市、河北省、遼寧省、上海市、江蘇省、山東省、海南省、重慶市。

江蘇省#、広東省♭、山東省の各市の分類はこちら。
江蘇省
広東省
山東省
(続きを読む…)

国家税務総局による納税信用等級に基づく増値税発票の使用実行分類管理に関する公告
(国家税務総局公告[2016]71号)


概要

2016年12月1日施行。増値税発票の発行等の業務に関して、納税信用等級に基づく分類管理を実施する。主な内容は以下の通り。

  • 納税信用等級により増値税発票の購入枚数制限を緩和。
  • 等級A、等級Bの納税者に追加して等級Cの増値税一般納税人についても、増値税発票の認証を廃止。

国家税務総局による国外に提供する建築サービス等に関する問題の公告
(国家税務総局公告[2016]69号)


概要

2016年11月4日施行。「営改増」改革の全面的な実施に伴う、国外に提供する建築サービス等の徴税管理に関する問題が明確化された。主な内容は下記の通り。
  • 施工地が国外である工事に対して建築サービスを提供する場合、国外で旅行サービスを提供する場合における増値税免税申請に必要な証明資料の簡素化。
  • 国際運輸サービスに係る増値税免税政策を享受する場合に必要な届出資料を明確化。
  • ホテル業小規模納税者における増値税専用発票の自社発行試験地区を全国に拡大。
関連規定

国家税務総局による営業税から増値税への移行改正におけるクロスボーダー課税行為に係る増値税免税管理弁法(試行)の発布に関する公告(国家税務総局公告[2016]29号)

国務院弁公庁による2017年の一部の祝祭日の日程に関する通知
国弁発明電〔2016〕17号
概要

 各省・自治区・直轄市の人民政府、国務院各部・委員会・各直属機構:国務院の批准を経て、2017年元旦、春節、清明節、労働節、端午節、中秋節及び国慶節の具体的な日程を次の通り通知する。

一、元旦: 1月1日(日)は祝祭日、1月2日(月)を振替休日とする。
二、春節: 1月27日(金)~2月2日(木)まで7連休とする。1月22日(日)と2月4日(土)を振替出勤とする。
三、清明節: 4月2日(日)~4日(火)まで3連休とする。4月1日(土)を振替出勤とする。
四、労働節: 5月1日(月)は祝祭日、土日の週末と続けて3連休とする。
五、端午節: 5月28日(日)~30日(火)まで3連休とする。5月27日(土)を振替出勤とする。
六、中秋節、国慶節: 10月1日(日)から8日(日)まで8連休とする。9月30日(土)を振替出勤とする。

 祝祭日の期間、各地区・各機関は当直及び警備等の業務を適切に手配し、重大な突発的事件が発生した場合は規定に従って速やかに報告及び適切に処理し、国民が祝祭日の期間を平穏無事に過ごせるように確保しなければならない。

原文:国务院办公厅关于2017年部分节假日安排的通知