1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

財政部 税務総局 生態環境部 環境保護税に関する問題についての通知
(財税〔2018〕31号)


概要

2018年1月1日に「中華人民共和国環境保護税法」及び「中華人民共和国環境保護税法実施条例」が施行された。「環境保護税」の導入により、これまで「汚染排出費」として徴収されていた項目が「環境保護税」という税金の一種へと変更された。今回の通知により、課税大気汚染物と課税水汚染物の排出量の観測と計算方法、課税水汚染物の汚染当量数の計算、課税固体廃物の排出量の計算と納税申告、課税騒音の納税額の計算等について、具体的な取扱いが規定された。

関連規定

  • 中華人民共和国 環境保護税法
  • 中華人民共和国 環境保護税法実施条例(国務院令693号)

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2018/06/%e7%92%b0%e5%a2%83%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e7%a8%8e%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e9%80%9a%e7%9f%a5/trackback/
この投稿へのリンク
環境保護税に関する問題についての通知 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET