1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 6 投票)
 

人材コンサルティング会社ECAインターナショナルが発表した世界各都市の「住みやすさランキング」で香港の順位が大幅に後退したことが分かった。1月23日付香港各紙によると、同社は世界450余りの地域で海外駐在員にとっての生活の質を調査・分析。気候、医療、住居、政治ムードなどが検討対象となり、駐在員手当を決める目安を提供する。

香港の順位はアジアでは昨年と同じ6位。シンガポール、大阪、名古屋、東京、横浜の後塵を拝した。さらに世界でのランキングは33位となり、昨年の17位から大きく後退。同社は香港が他のアジア地域に比べ空気が悪いほか、「セントラル占拠行動」が香港の社会と政治ムードに緊張をもたらしたため「社会・政治分野」のポイントが低下したと説明。「香港の状況がさらに悪化すれば外国企業の拠点設置は1位を維持しているシンガポールに傾いていく」と警鐘を鳴らした。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/01/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%ae%e4%bd%8f%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%95%e3%80%81%e5%8d%a0%e6%8b%a0%e8%a1%8c%e5%8b%95%e3%81%a7%e5%a4%a7%e5%b9%85%e3%81%ab%e5%be%8c%e9%80%80/trackback/
この投稿へのリンク
香港の住みやすさ、占拠行動で大幅に後退 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET