1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.33 評価, 3 投票)
 

タイ中央銀行のポンペン副総裁によれば、今年1~8月期における外国からタイへの直接投資は55億米ドルにとどまり、前年同期の78億米ドルを約30%下回った。一方、タイ企業による外国への投資は増加傾向にあり、タイ中銀としては、資金の流入増加への対応策となることから、外国への投資をさらに積極的に呼びかける方針とのことだ。(バンコク週報

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/11/%e6%b5%b7%e5%a4%96%e7%89%b9%e5%88%a5%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%8c%e6%b8%9b%e5%b0%91%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%af%e5%af%be%e5%a4%96%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e6%8b%a1%e5%a4%a7/trackback/
この投稿へのリンク
海外特別投資が減少、タイ企業は対外投資を拡大 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET