1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

直近一ヶ月間、USD/VNDレートの推移状況は、中央銀行の外貨準備高を増やすチャンスとなっている。同行によると、2012年1月の外貨流動性が改善され、商業銀行各行は積極的に米ドルを中央銀行に売却している。旧正月後も引き続き外貨流動性は好調を維持している。

為替市場では、1米ドルあたりの売却価格が21036VNDから20800VND未満へと続落しているが、中央銀行による米ドル買取価格は20850VNDと高水準を維持している。

2011年は、ベトナムの外貨準備高が増加したが、今後さらなる改善が期待される。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/02/vietnam-central-bank-intervened-to-buy-foreign-currency/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・中央銀行の外貨買い入れ進む from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET