1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

バンコク銀行と提携しているりそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)は、10月18日、今回の洪水で被害を受けた日系企業のため、「タイ進出企業」復興応援ファンドを立ち上げた。このファンドは、日系企業の復旧までの資金を融資するもので、総額200億円を用意した。
融資を受けたい日系企業は、日本の本社がりそなグループに保証すれば、りそなグループはスタンバイLCを現地法人に発行する。償還期間は原則1年。これまで同行と取り引きがなかった企業も対象になる。
一方、バンコク銀行でも同様の緊急融資を行う方針で、20日に回覧板で伝えた。同行は日本の地方銀行17行およびりそなグループと提携している。在タイ日系企業の日本本社が提携行に保証し、そこがスタンバイLCをバンコク銀行に対して発行すれば、それに応じてバンコク銀行が融資する。
バンコク銀行の日本人担当者によると、タイの洪水は現在まだ進行中で、日系企業自身も被害の詳細を把握できておらず、まだ現地での問合せはないそうだ。しかし、日本では、タイ法人の被害を心配した本社からの問い合わせがあると言う。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/10/%e6%b4%aa%e6%b0%b4%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e3%80%80%e6%97%a5%e7%b3%bb%e4%bc%81%e6%a5%ad%e5%90%91%e3%81%91%e7%b7%8a%e6%80%a5%e8%9e%8d%e8%b3%87-%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%aa%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97/trackback/
この投稿へのリンク
洪水被害 日系企業向け緊急融資 りそなグループ、バンコク銀行が発表 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET