1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

ホーチミン運輸省によると、市の交通渋滞緩和を目的に、市電、高架道路、地下鉄、また交差点のアップグレードのインフラ整備を計画している。

市電のルートの一つは、Nguyen Van LinhとTan Thuan 橋の間、またQuang Trung Software ParkからGo Vap の交差点間である。このルートは、いずれも道路が狭い割りに交通量が多いため交通渋滞を引き起こしてる。

地下鉄と高架道路プロジェクトについて、市は海外投資を呼び込もうとしている。2025年までの市の交通網の計画では、$1-1.5 billionの投資で6つの地下鉄ルート、4つの高架道路を作る。また、大きな交差点の整備のため更に$15-$21 millionの投資を必要としている。道を広げるか、立体交差点あるいは地下のトンネルを作ることを計画している。 (原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/06/hcm-ponders-using-trams-to-ease-traffic-congestion/trackback/
この投稿へのリンク
ホーチミン市、交通渋滞緩和のためインフラ整備を計画 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET