1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3.67 評価, 3 投票)
 

深セン市の台湾系メーカー「富士康」で11日、24歳の女性ワーカーが工場の建物から飛び降り自殺した。13日付『文匯報』によれば、死亡した女性は中絶手術を行うため今月1日から休暇を取っており、故郷の河南省から母親が来て付き添っていたとのうわさがある。

同社は自殺の原因は男女関係のもつれと発表。だが、同工場でワーカーが飛び降り自殺を図ったのは今年に入って8件目、うち6人が死亡しており、「激務と薄給が精神バランスを失わせている」と指摘するワーカーもいる。台湾の鴻海集団傘下の富士康は中国本土に三十数万人のワーカーを抱える世界最大の電子・コンピューター部品メーカーであり、会長の郭台銘氏は台湾トップの富豪として知られている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/shenzhen-foxconn-suicide/trackback/
この投稿へのリンク
中国・深セン富士康でワーカー自殺、今年8件目 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET