1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.88 評価, 8 投票)
 

企業関連取引同期資料の提出に関する通知
深国税函[2010]11号

2010年1月13日、深セン市国税局により各区局及び分局に≪企業関連取引同期資料の提出に関する通知≫(深国税函[2010]11号)が発布され、当該局の同期資料の管理作業に関する問題が以下のように明確された。



1、企業は関連取引に対し年度ごとに同期資料の報告提出が必要であり、並びに紙及び電子バージョンの資料を各一部ずつ同時に報告提出しなくてはならない。

2、2008年度の売上が人民元1億元を超過した企業は、2010年3月20日までに各主管税務機関に2008年度関連取引の同期資料を報告提出しなくてはならない。2009年度以後の年度(2009年を含む)に間する関連取引の同期資料は、企業は関連規定に基づき、翌年の6月20日までに主管税務機関に報告提出しなくてはならない。年度売上が人民元1億元を下回る企業も自ら主管税務機関に同期資料を報告提出することができ、税務機関はこれを歓迎する。

3、≪実施弁法≫(≪特別納税調整実施弁法(試行)を指す≫)の第十五条により関連取引同期資料の準備の免除に属する企業は主管税務機関に説明を提出して備案を行う必要がある。

4、関連取引同期資料の報告提出を拒絶する企業に対し、≪実施弁法≫(≪特別納税調整実施弁法(試行)を指す≫)第106条の規定により処罰に処することになる。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/03/shenzhen-sync-document/trackback/
この投稿へのリンク
[全訳] 深セン・企業関連取引同期資料の提出に関する通知 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET