タイ タイ

タイ・賃上げ影響の中小企業支援、600億円相当を拠出へ

人件費上昇の影響を受けている中小企業の支援を検討するタイ政府の委員会は1日、189億タイ・バーツ(約600億円)の支出を決めた。閣議承認を経て実施する。委員長を務めるニワットタムロン副首相兼商務相によると、中小企業支援のために設立した基金から10億バーツ、政府予算から179億バーツを支出する。資金の使途は、◆中小企業に出資するベンチャーキャピタル(VC)への資金拠出◆機械購入・更新目的のソフトローン供与◆生産性向上支援◆金利の一部負担――など。VCは各中小企業に対し、1,000万バーツを上限に15~35%出資する。投資期間は5年以上で、クリエーティブ産業や環境関連産業の企業、技術志向型の企業、輸出型の企業が対象。◆不良債権を持たないこと◆金融機関のブラックリストに掲載されていないこと◆経営陣が業界で2年以上の経験があること──などが条件だ。8月3日付タイ紙バンコクポストが伝えた。