2021年5月時点でのVISA・入国規制に関する情報をアップデートします。

入国可能な外国人

ITAS/ITAP保持者、シングルVISA・家族帯同VISA等のE-visa保有者、医療従事者や入港船、国家プロジェクト従事者等

入国前には、3日前までのPCR陰性証明が必要となります。また、入国後は空港でのPCR検査を経て、政府指定の隔離施設での隔離(5泊6日)、その後PCR再検査を経て陰性であれば移動が可能となります(いずれも費用は自己負担)。

就労VISAについて

現在、基本的にインドネシア国外に居る外国人の就労VISAプロセスは停止しております。例外的に、新たにBKPM(投資調整庁)からの推薦状を取得することで外国人がインドネシア国外に滞在していてもプロセスを進めることが可能となっています。

インドネシア国内に滞在する外国人のVISAについては、手続きが可能です。

新規の駐在員に関わるプロセスにおきましては、緊急的に入国する場合には、シングルVISA(211)の取得を経て入国の上、就労VISAへコンバートする方法、もしくはBKPMからの推薦状を取得後、プロセスを進めることとなります。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bbvisa%e3%83%bb%e5%85%a5%e5%9b%bd%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%882021%e5%b9%b45%e6%9c%88/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・VISA・入国規制アップデート(2021年5月) from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET