BKPM(投資調整庁)から4月1日付で新たな規則(2021年3号・4号5号)が発出され6月2日よりOSSのシステムがアップデートされます(同日より規則施行)。今回のアップデートは昨年10月のオムニバス法の施行、そして本年2月施行された施行規則に伴うもので、6月2日から新法令に基づくシステムへアップデートされます。

6月1日に旧システムから新システムへの移行を行うため、許認可についてのコミットメントを満たしていない企業については、5月25日までに移行することが求められています。

また、四半期ごとの活動報告書(LKPM)については、今後OSSを通じて報告することとなります。

オムニバス法・規則に基づく新たなリスクベース許認可、新外資規制については、以下の記事を参照して下さい。

インドネシア・オムニバス法(雇用創出法)細則 外資規制
インドネシア・オムニバス法(雇用創出法)細則 事業許可

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bboss%e7%99%bb%e8%a8%98%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ab/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・OSS登記システムのアップデートについて from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET