イスラム教が約90%を占めるインドネシアにおいては、断食明け大祭の前に法定賞与(THR:宗教大祭手当:レバランボーナス)を支給する必要があります。

2021年は5月13日/14日が断食明け大祭の期日となっています。

2020年は新型コロナウィルスの影響もあり、財務省規則で従業員との合意により分割支給等の措置が認められていましたが、2021年は1週間前まで(5月6日まで)に全額を支給する必要があります。

支給は契約社員・正社員の区別なく支給する必要があり、支給額の最低額は労働法令で定められています。

大祭日までに1年以上経過している従業員

固定給の1か月分

大祭日までに1か月以上12か月未満の者

固定給1か月分 / 12 x勤続月数

なお、大祭日前30日以上前に退職する者、大祭日よりまえに契約期間を満了する契約社員には支払い義務はありません。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/05/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb2021%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%94%af%e7%b5%a6%e3%81%ab/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・2021年のレバランボーナスの支給について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET