インドネシア政府は、国家災害管理局2020年通達4号(12月28日付)を延長し、2021年1月1日から14日まで、ITASやITAPの定住者や外交公用滞在の者を除く外国人の入国を一時停止していましたが、更に14日間の延長がなされています。期限は当初、2021年1月28日まででしたが、その後2月8日まで延長されております。その間、新規VISA発給の為のシステムなどが停止されています。なお、既存のITAS保持者の国内での更新は手続きが可能です。

その後、2021年2月8日にPPKM(ジャワ島とバリ島における地域社会規制)が延長されたことに伴い、2月9日付の法務人権省出入国管理総局回状(IMI-GR.01.01-0331)が発出され、一部緩和がされました。規定は下記の通りです。

  • 原則としてITAS保持者、E-visa保持者以外の外国人の入国停止
  • 例外として入国できる者は、輸送機関の乗員、医療や食料など人道的理由による支援従事者、国家プロジェクトに関係する企業の外国人等

現在、実務上においても、上記規制によりVISAプロセス等は更新の場合を除き停止されています。上記規制は、PPKMの期間までという規定となっており、2月22日までとなっています。一方で、各管轄省庁からの決定書では「暫定的な期間」ということで明確な期間を定めない規定となっています。3月・4月に向けて駐在員の新規赴任などの予定がある企業においては、VISA取得に向けての手続きが進められない場合もあり、予定の再検討が必要となる場合があります。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/02/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e5%85%a5%e5%9b%bd%e5%88%b6%e9%99%90%e3%81%a8visa%e3%81%ae%e7%8f%be%e7%8a%b6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%882021%e5%b9%b42/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・入国制限とVISAの現状について(2021年2月2週目) from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET