ジャカルタにおける2021年の最低賃金は既に決定されております(参照:インドネシア・2021年の最低賃金)が、条件付きではあるものの、新規則により2020年最低賃金を維持することが出来る場合があります。

ジャカルタ首都特別州労働移住エネルギー局長2020年3100号規則

新型コロナウィルスによる影響を受けた会社は、下記要件を満たした場合に2020年の最低賃金(4,276,349IDR)を維持することが出来る。

  1. 法令記載のKBLI(事業目的番号)であること(製造・小売り・運輸など15業種)
  2. 勤続年数ごとの労働者数、2019年と2020年の財務諸表、NIB書面など添付の上金融サービス庁システムから申請を2020年12月18日までに行う。
  3. 承認がされた後、2021年においても、2020年の最低賃金の適用が可能となる。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/01/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bb2020%e5%b9%b4%e6%9c%80%e4%bd%8e%e8%b3%83%e9%87%91%e3%82%922021%e5%b9%b4%e3%81%ab%e9%81%a9%e7%94%a8%e3%81%99%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback/
この投稿へのリンク
ジャカルタ・2020年最低賃金を2021年に適用する方法 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET