1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1.79 評価, 14 投票)
 

インドネシアでは、2016年度の課税年度以降、過少資本税制が導入されており、一定の負債資本比率においては、負債に関わるコストが税法上の損金(費用)として認められない場合があります。

負債資本比率(Debt and Equity Ratio:DER)は4対1です。

負債は、短期・長期を含む利息のある債務が含まれ、課税年度・課税年度の各月残高の平均値によって、負債の額が確定されます。

資本には、課税年度・課税年度の各月資本残高の平均により資本の額が確定されます。

過少資本税制の基本的なルールとしては、負債資本比率が4:1を超える場合、その超過負債部分にかかるコスト(利息やアレンジメントfee、保証費用、為替による差額など)は、税法上の損金として認められません。

また、課税年度・課税年度の一部の残高平均がゼロ又はマイナスの場合には、上記コストの全額が損金として認められません。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2021/01/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e9%81%8e%e5%b0%91%e8%b3%87%e6%9c%ac%e7%a8%8e%e5%88%b6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・過少資本税制について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET