1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

インドネシアでは、VAT/PPN(付加価値税)共に、一定の商品については奢侈税がかかります。奢侈税とは、いわゆる『贅沢品税』であり、政府が贅沢品税と認める物品やサービスの引渡し・輸入に対してその価格に応じて課す税金です。PPN BM(PPN Barang Mewah) やLST/LGST(Luxury Sales Tax/ Luxury Goods Sales Tax)として税法上規定されています。

課税は1度のみのため、自動車新車の販売・輸入の際に課せられることとなります。そのため、贅沢品であっても中古品の販売等の場合には、奢侈税は課されません。税法上、税率は10%から200%となっており、物によって異なります。対象品を販売・又は輸入する際に通常のVAT/PPNと共にFaktur Pajakを発行しますが、事業に関係のない奢侈税はPPNの1種であってもVAT in-outの相殺には使う事が出来ません。

例えば自動車の場合には、定員数、駆動数、排気量、車種、ガソリン車か否か、ハイブリッド車は燃費などによって税率が異なります。

2019年から2020年にかけて、奢侈税の一部変更がありました。下記は主な物品の税率となります。

排気ガスの環境問題に対応する観点から、プラグインハイブリッド車・バッテリー電気自動車・燃料電池車の奢侈税は0%となっております。

アパートメントやコンドミニアムなどの300億ルピアを超える高級住宅には20%の奢侈税が課されます。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2020/12/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e5%a5%a2%e4%be%88%e7%a8%8e%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・奢侈税について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET