1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

会社業務で利用する携帯電話の料金について、会計上は費用として財務諸表上の記帳が出来ても、インドネシア税法上では50%費用否認(損金不算入)となります。

日本では、ケースによって異なるもののプライベートでの利用が無いことや、法人契約などを行っているなどの事実関係を満たせば100%損金として扱う事が可能な場合があります。

しかしながら、インドネシア税務署規則kep-220/pj/2002では、会社が負担している携帯電話代金・費用については、100%会社業務での利用(プライベートでの利用が無いこと)が証明されたとしても50%の費用品を行う旨の規則が出されております。

法人税計算の際に会社が支払った携帯電話代金の50%は損金不算入としなければ、後の税務調査で指摘を受ける可能性があるので、注意が必要です。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2020/09/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%bb%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%81%ae%e7%a8%8e%e5%8b%99%e4%b8%8a%e3%81%ae%e5%8f%96/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・携帯電話料金・費用の税務上の取り扱い from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET