1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

2020年1月21日、ハノイ市税務局はオフィシャルレター3353//CT-TTHTを発行した。内容は下記の通りである。

企業が、外国の法令に従い交付された経営登録証明書又は公認された事業者であると証明する書類(外国発行の書類は、ベトナムで使用される場合、ベトナム法令に従い、領事認証を取得しなければならない)を持っている事業者である外国人とサービス提供契約書を締結する場合、この外国人は個人経営者として認められ、サービス提供契約書による外国人の収入は外国契約者税の課税対象となる。企業は、財務省発行の2015年6月15日付の通達92/2015/TT-BTCに添付され、発行された様式01/CNKDを使用し、外国契約者の代わりに付加価値税及び個人所得税の控除、申告及び納税を実施することに責任を負う。

組織、個人である納税者の代わりに納付する場合の確定申告書類は、通達95/2016/TT-BTC 第7条第4項の規定に基づき実施される。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2020/04/%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%81%a6%e3%82%99%e7%99%ba%e7%94%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%82%e3%82%8b%e5%80%8b%e4%ba%ba%e7%b5%8c%e5%96%b6/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナムで発生した外国人である個人経営者の所得に対する税制 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET