1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

2019年10月22日付規則 国家食品医薬品監督庁(BPOM:Badan Pengawas Obat dan Makanan)31号と10月7日付通知No.HM.03.02.81.813.10.9.4763号によって、食品医薬品管轄BPOMシステムと外国投資管轄のOSS(: Online Single Submission)システムの接続が開始されております。

食品や化粧品などについて、輸出入を行う事業者は、2019年8月1日付通知No.HK.06.2.22.08.19.2384に基づき、OSSへの登録、NIB(会社登録番号)の取得、Izin Operation /Commercialの取得のうえで、BPOMに関連するKBLIを変更しておく必要があります。そのうえで、e-bpomとOSSの接続が11月より開始されておりシステムを通じて申請を行う形となります。

また、同規則ではBPOM申請事業者の税務確認を行う事が明記されています。既にOSSシステムと税務システムが接続されており、税務申告に未納・未申告・遅延の放置がある場合には、システムをブロックして税務申告が適正化されるまで、申請・登録変更などを認めない措置がとられます。食品医薬品を取り扱う事業者は特に税務については適正な納税・申告が必要採ります。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2020/01/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bboss%e7%99%bb%e8%a8%98%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・OSS登記システムについてのアップデート(BPOM) from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET