1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

研修費に係る個人所得税について
オフィシャルレターNo. 5249 / TCTTNCN


従業員の研修費で、研修の内容が、従業員の業務上の専門性や雇用主の研修計画にそって行われる場合は、会社が研修費用を負担しても、従業員の個人所得税の対象にはならない。 従業員が先に研修費を支払った場合は、研修費相当額を従業員に支給したも研修機関からインボイスや領収書は、会社向けに発行してもらわなければならない。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2018/01/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e7%a0%94%e4%bf%ae%e8%b2%bb%e3%81%ab%e4%bf%82%e3%82%8b%e5%80%8b%e4%ba%ba%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・研修費に係る個人所得税について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET