1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

香港財経事務及庫務局(Financial Services and the Treasury Bureau)の劉怡翔局長及び陳浩濂副局長は、当局管轄下の税務政策組が来年後半には立法会に提出される予定の二層制の法人利得税システムの設置について、研究を継続していることを表明した。

陳浩濂副局長によると、「現時点で提案されている改正草案では、最初の200万香港ドルまでの課税所得に対して10%の税率を適用し、それ以上の課税所得については16.5%の税率を適用するもので、左程複雑性が伴うものではない」とし、当該措置の設置に当たり、税務条例自体の修正を要するものであるとしている。

また、劉怡翔局長によると、当該税務政策組による研究は、二層制の法人利得税システム法案、金融連座及び経済的影響に注視しており、継続して現行の税務条例と当該変更による結果を調査する予定である。

さらに劉怡翔局長は、現在の単層制の法人利得税システムの代わりとなる二層制の計画は、多少複雑性が増加する点よりも、香港の各事業活動がさらに研究開発に資金を投入する機会を与え、結果として全体的な経済動向に恩恵を与えるであろう、と言及した。

原文①、2017年8月14日更新)
原文②、2017年8月16日更新)

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2017/09/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%bb%e6%9d%a5%e5%b9%b4%e7%ab%8b%e6%b3%95%e4%bc%9a%e3%81%ab%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa%e7%a8%8e%e5%88%b6%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e6%a1%88%e3%81%8c%e6%8f%90%e5%87%ba/trackback/
この投稿へのリンク
香港・来年立法会に新たな税制修正案が提出 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET