1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 9 投票)
 

オーストラリア連邦準備銀行(RBA)から4月5日、政策金利数値が2%に据え置かれることが発表された。
これにより前年5月の利上げ以来11か月連続の据え置きとなる。
なおオーストラリア・ドルのレートが米ドルに対し1豪ドル=0.76米ドルまで上昇しており、 これにより住宅建設や家計の消費が減速したことを受け、本年内に利下げする可能性は高まっている。

なお先日発表された2015年第4四半期(10-12月)の国内総生産(GDP)成長率が予想を上回り、 2月の失業率が5.8%に低下したことを受け、今回は金利据え置きとみる声も多かった。
オーストラリア・ドルは対米ドルで年初以来11%上昇しており、輸出を支援するため年末までに利下げを実施すると見られている。(NNA.ASIA

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2016/04/%e8%b1%aa%e5%b7%9e%e3%83%bb%e9%87%91%e5%88%a9%e3%80%8111%e3%83%b5%e6%9c%88%e9%80%a3%e7%b6%9a%e6%8d%ae%e3%81%88%e7%bd%ae%e3%81%8d/trackback/
この投稿へのリンク
豪州・金利、11ヵ月連続据え置き from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET