1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)
 

豪州税法においてSmall Business Entityの定義を満たす法人(原則年間売上高がAUD2,000,000以下)は、AUD20,000以下の購入資産に関し初年度の即時損金控除が可能となるよう、税法が改正された。この改正が適用される期間は2015年5月12日7:30pm(AEST)から2017年6月30日までとなっている。

改正前は“simplified deprecation rules”に基づき、2014年1月1日以降に取得された資産で、取得コストがAUD1,000以下の場合の即時損金控除が認められていた。

なおAUD20,000以上の資産に関しては、初年度に取得コストの15%を控除後、次年度より30%定率法により償却される。
原文


同じく、Small Business Entityの定義を満たす法人の所得税率が28.5%に減額されることとなった(豪州における通常の法人税率は30%)。なお上記法人税率変更は、2015年7月1日以降の会計年度より適用される。
原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/09/%e8%b1%aa%e5%b7%9e%e3%83%bbsmall-business-entity%e9%96%a2%e9%80%a3%e7%a8%8e%e6%b3%95%e6%94%b9%e6%ad%a3%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%88/trackback/
この投稿へのリンク
豪州・Small Business Entity関連税法改正アップデイト from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET