1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

労働・戦争傷病・社会福祉省は2015年8月13日付けで年次休暇に関するオフィシャルレターNo. 3234/LDTBXH-LDTLを発行した。内容は以下である。

企業が年次休暇を策定し従業員へ通知をしたが、その休日に従業員を勤務させる場合は、企業は労働法に従い少なくとも通常賃金の300%の給与を支払わなければならない。
企業が年次休暇を策定せず、従業員へ通知をしなかった場合に、従業員が一部又は全ての有給休暇を消化しなかった場合は、企業は政令No. 05/2015/ND-CPに従い未消化の有給休暇分の給与を支払わなければならない。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/09/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e5%b9%b4%e6%ac%a1%e4%bc%91%e6%9a%87%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%bc/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・年次休暇に関するオフィシャルレター from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET