1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3.67 評価, 3 投票)
 

労働省の賃金委員会はこのほど、今年末まで1日当たりの法定最低賃金を300バーツに据え置くことを決定した。最低賃金の300バーツへの引き上げは、バンコクなど6都県が12年4月から、その他の県が13年1月からとなっている。

労働省によれば、最近の検査で国内の事業所1万2229か所のうち223か所が最低賃金に満たない給与しか支払っていなかったことが判明した。罰則は6か月の禁錮刑と10万バーツまでの罰金刑。なお、賃金委員会は5月に来年の最低賃金の改定について協議する予定。(バンコク週報

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/04/%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%bb%e8%b3%83%e9%87%91%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e3%80%81%ef%bc%91%e6%97%a5%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%9c%80%e4%bd%8e%e8%b3%83%e9%87%91%e3%82%92%e5%b9%b4%e6%9c%ab/trackback/
この投稿へのリンク
タイ・賃金委員会、1日当たりの最低賃金を年末まで据え置き from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET