1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

メルボルンの文化の中心と言えば、ヤラ川の近くにあるフェデレーションスクエア。ここは観光地としても有名だ。その東側(フェデレーション・スクエア・イースト)をビクトリア(VIC)州政府が大々的に開発をすると発表した。開発費はおよそ20億豪ドル(日本円にして、約1880億円)。しかしながら、資金不足で試行錯誤な状態が続いている。このプロジェクトを進めるには、一部のエリア(車両基地)の上にデッキを設置しなくてはならない。それだけでも相当の費用が必要となる。

フェデレーションスクエアは、市街の1ブロック分ほどの広さがあり、文化とエンターテイメントの融合したユニークな広場で国際的レベルのイベントが年間約2,000回行われている。国際色豊かな地域を売りに、ビクトリア(VIC)州政府は以前から友好関係を築いてきた中国に目をつけ、同国各企業からの投資、資金集めに奔走しているようだ。オーストラリアの開発にとってもはや中国からの投資は、なくてはならない存在になっているようである。(NNA

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/10/%e8%bb%8a%e4%b8%a1%e5%9f%ba%e5%9c%b0%e9%96%8b%e7%99%ba20%e5%84%84%e8%b1%aa%e3%83%89%e3%83%ab/trackback/
この投稿へのリンク
メルボルン・車両基地開発20億豪ドル—-中国からの投資に期待 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET