1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

大手コンサルタント会社、ナイト・フランク・タイランドによれば、バンコクのオフィススペース市場は今年に入って需要増が続いており、オフィス稼働率が上昇している。

第2四半期におけるバンコクのオフィススペースは合計455万5271平方メートルで、稼働率は第1四半期の90・6%から91%に上昇。

ただ、バンコク中心部(CBD)以外のグレードAのオフィススペースだけは、第1四半期の94・7%から第2四半期の81・4%へと稼働率が減少した。(バンコク週報

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/10/%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%80%81%e9%9c%80%e8%a6%81%e5%a2%97%e3%81%a7%e7%a8%bc%e5%83%8d%e7%8e%87%e3%81%8c%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%80%81%e4%b8%ad/trackback/
この投稿へのリンク
バンコクのオフィス、需要増で稼働率が上昇、中心部の高級物件はやや不振 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET