1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

香港金融管理局(HKMA)は昨年12月31日、2013年11月の通貨統計を発表した。11月末現在の香港の金融機関における人民元預金残高は8269億9500万元。10月末の7816億2400万元に比べ5.8%増、4カ月連続で増加し過去最高を更新した。1月1日付『信報』によると、人民元建ての譲渡性預金証書(CD)は11月に前月比1.34%増の1815億元。これを合わせた預金残高は1兆85億元となり、初めて1兆元の大台に乗った。一方、11月の人民元建て貿易決済の総額は4394億1400万元で、10月の3153億700万元から39.36%増。10月の減少から大幅な増加に転じた。人民元業務を取り扱っている金融機関は前月より1行増えて144行となった。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/01/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%bb%e4%ba%ba%e6%b0%91%e5%85%83%e9%a0%90%e9%87%91%e3%80%81%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%e6%9c%ab%e3%81%af%ef%bc%98%ef%bc%92%ef%bc%97%ef%bc%90%e5%84%84%e5%85%83/trackback/
この投稿へのリンク
香港・人民元預金、11月末は8270億元 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET