1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングは12月16日、香港株式市場の第4四半期調査研究リポートを発表した。17日付香港各紙によると、今年の香港での新規株式公開(IPO)による資金調達額は前年比80%増の1620億ドルに上り、世界ランキングでは昨年の4位から2位へと返り咲いた。アーンスト・アンド・ヤング華南地区主管パートナーの蔡偉栄氏は、来年の資金調達額は同11%増の1800億ドルで世界3位内に入り、新規上場は同4%増の100社を超えると予測している。先の中国共産党18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)の改革政策が香港のIPO市場にとっても有利となり、中国本土の地方銀行の上場や本土のデベロッパーによる裏口上場、地場企業の分離上場などによる恩恵を受けるとみている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/12/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%bb%ef%bd%89%ef%bd%90%ef%bd%8f%e8%b3%87%e9%87%91%e8%aa%bf%e9%81%94%e9%a1%8d%e3%80%81%ef%bc%98%ef%bc%90%ef%bc%85%e5%a2%97%e3%81%a7%e4%b8%96%e7%95%8c%ef%bc%92%e4%bd%8d%e3%81%ab/trackback/
この投稿へのリンク
香港・IPO資金調達額、80%増で世界2位に from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET