1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

広州市政府系の投資会社、越秀集団はこのほど、香港の創興銀行の株式75%について1株当たり35.69HKドル(約448円)での買収を提案していると明らかにした。買収総額は116億4,400万HKドルとなる。越秀集団は買収の目的を「中国本土と香港間の越境金融サービスの需要増に対応するため」としている。羊城晩報などが伝えた。

提案している買収価格は株価純資産倍率(PBR)で2.08倍の価格。提案の一部である特別配当金を考慮に入れると2.34倍に上る。創興銀行の株式が取引停止する直前の23日の終値に比べると、4.6%のディスカウントとなる。

創興銀行の株式は現在、廖創興企業の完全子会社の不動産デベロッパー、廖創興置業が50.2%、廖創興企業の主要株主の愛宝(アルバ)が0.52%を保有。廖創興企業と両社は売却に合意しているという。ただし、廖創興企業の株主による承認が条件となる。

また、買収には香港金融管理局(HKMA)による承認も必要。越秀集団は買収後も創興銀行の香港上場を維持する方針とした。

創興銀行は、香港セントラル地区にある本店ビルの創興銀行センターを廖創興企業に22億3,000万HKドルで売却し、調達資金を1株当たり4.52HKドルの特別配当金に充てる。

越秀集団の張招興董事長は「今回の買収は金融業務の全体戦略にも合致しており、越秀集団の発展史上、重要な一里塚となる」と話している。

NNA.ASIA

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/11/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%83%bb%e8%b6%8a%e7%a7%80%e3%81%8c%e5%89%b5%e8%88%88%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%ae%e8%b2%b7%e5%8f%8e%e6%8f%90%e6%a1%88%e3%80%81116%e5%84%84%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%a7/trackback/
この投稿へのリンク
[M&A] 中国・越秀が創興銀行の買収提案、116億ドルで from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET