1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

2013年6月27日、政府は個人所得税に関する法令を一部改正するDecree65/2013/ND-CPを公布した。
主なポイントは以下である。

  • 個人所得税法上、居住者となる定義に関し「90日以上のアパート、ホテル等の長期賃貸契約を締結する」を「183日以上のアパート、ホテル等の長期賃貸契約を締結する」に変更。
  • 駐在員の子供のベトナムにおける教育費に関し、会社が支払う教育費の非課税対象として、小学校から高校までの教育費であったが、幼稚園も加わった。
  • 基礎控除額が400万ドン/月から900万ドン/月、扶養控除は扶養一人当たり160万ドン/月から360万ドン/月に変更。
  • 扶養控除対象となる被扶養者の上限収入額は50万ドン/月から100万ドン/月に変更。
本法令は2013年7月1日から施行される。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/07/vietnam-revised-individual-income-tax/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・個人所得税に関する法令の一部改正 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET