財務省公的債務管理事務局(PDMO)は先に、円建て債務の返済前倒しの意向を日本政府に伝えたことを明らかにした。

進行するバーツ高を好機と見て、総額556億円に上る政府4機関の円建て債務を早期返済したい考えだ。

PDMOのスウィット氏によると、タイ政府の債務残高は現在、対GDP(国内総生産)比で44%。外貨建てが7%を占め、うち60%が円建てとなっている。(バンコク週報

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/02/thai-early-repayment-of-debt/trackback/
この投稿へのリンク
タイ財務省、債務の返済前倒しを検討、円安で好機 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET