1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

タイ中央銀行(BOT)金融政策委員会(MPC)は9日の会合で、政策金利であるレポ金利を市場の予想通り、2.75%に据え置くことを決めた。インフレ上昇圧力が後退、最低賃金引き上げによる経済への影響は最小限と判断し、金融政策の現状維持を決定した。BOTはまた、2013年の成長率が当初予想を上回るとの見方を示した。(バンコク週報

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/01/thai-fix-policy-interest-rate/trackback/
この投稿へのリンク
タイ中銀、政策金利を据え置き、インフレ圧力後退で from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET