1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)
 

「1元以下の納税額及び滞納金の処理問題に関する公告」についての解説
国家税務総局弁公庁
2012年6月21日
原文


徴収効率を高め、徴収コスト及び納税者の負担を引き下げるため、1元以下の納税額及び滞納金の処理問題に関する公告を公布したことについての解説は以下の通りである。

質問:当該公告を公布した背景とは?
回答:近年、各地税務機関が1元以下の納税額を徴収する際、税務機関の徴収コストが明らかに増加していることが分かった。税務機関の徴収コストには一般納付証明書の印刷費用、財税庫銀横断インターネットシステム徴収費用、POS機振替徴収費用などがある。また同時に、納税者も更に多くの納税コストを支払う必要がある。

質問:当該公告を公布した意味は?
回答:一つ目は、納税者の納税コスト引き下げにより納税者の負担が軽くなることであり、二つ目は、税務機関の徴収コスト引き下げにより、徴収効率を高め税務徴収官の業務量を軽減することで、税務機関が限られたマンパワーや物資力を納税者の為に更に便利且つ効率的な申告納税サービスを提供することができるようになる。

質問:当該公告の施行開始日は?
回答:2012年8月1日より施行される。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/07/comment-for-tax-issue-less-than-one-yuan/trackback/
この投稿へのリンク
[全訳] 「1元以下の納税額及び滞納金に関する公告」についての解説 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET