1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

インドネシアのタックスホリデーは2011年に発布され、パイオニア産業で1兆ルピア以上の投資を行う企業に、商業生産開始から最短5年、最長10年、法人税を免除する優遇措置。免除期間の後2年間、さらに法人税を50%軽減する措置も与えられる。申請は投資調整庁(BKPM)あるいは工業省に行い、財務大臣により決定される。

パイオニア産業(5産業)

  • 基礎金属
  • 石油ガス採掘および/あるいは石油ガスを源とする有機基礎化学
  • 機械
  • 再生エネルギー
  • 通信機器

条件
  • 最低1兆ルピアの投資計画を有する。
  • 投資計画総額の10%を国内の銀行に預け、投資実現まで引き出さないこと。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/04/indonesia-tax-holiday/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシアのタックスホリデー from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET