1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1.00 評価, 1 投票)
 

最近の動向として、インドネシアの経済成長を背景に、商業銀行はリテール金融にも力を入れており、自動車ローンや住宅ローン、クレジットカード等の事業を急速に伸ばしている。しかしながら、この分野での競争の激化により、一方ではこれらローンの焦げ付きが相次いだため、インドネシア中央銀行はこれに対する策として消費者金融規制を設けた。

これにより、クレジットカードの新規発行にあたっては、カード発行会社に年齢、月収額(最低3百万ルピア以上)、信用供与額(月収の3倍まで)、カード所有枚数(月収1千万ルピア以下は2枚まで)、返済額の最低額(請求額の10%)を条件とすることを義務付けた。また、オートローンの場合、二輪車で銀行貸付は25%以上、リース会社貸付の場合は20%以上。四輪車の場合は同30%以上と25%以上に頭金を設定することを規定。住宅ローンの場合は銀行貸付で30%に設定されている。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/03/indonesia-small-lot-loan/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・小口融資規制 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET