1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.83 評価, 6 投票)
 

 深セン市出租屋総管弁公室が今年10月末までの深セン市の人口統計を発表、同市の人口が1500万人を突破したことがわかった。6日付香港各紙によると、中でも非深セン戸籍の住民の増加が著しく、深セン籍住民が274万人であるのに対し、非深セン籍住民は1280万人と、全体のおよそ85%を占めている。また、毎年流入する非深セン籍住民の数は100万人ずつ増加しているといわれ、一都市の人口の許容量を超えているとの見方が強まっており、水、電気、燃料、交通などインフラの限界を危ぐする声は多い。同市の人口急増の事態を重く見た深セン市改革弁公室の張思平・主任は「住宅や戸籍制度の改革が最重要課題。来年の議事に挙げるつもり」と述べ、人口の流入にストップをかけたい考えだ。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/12/shenzhen-with-population-of-more-than-15-million/trackback/
この投稿へのリンク
深センの人口、極限の1500万人突破 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET