1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

自動車メーカーの集積が進む天津市政府は、天津市の自動車生産能力が2015年までに年200万台を超えるとの見通しを明らかにした。

1日付中国新聞網によると天津市の自動車メーカーは20社。うち乗用車が2社、バスが2社、小型車・小型が1社、特殊車両・けん引車が15社となる。自動車部品メーカーは900社を超え、エンジン、カーエレクトロニクス、金型、タイヤ、塗料などの周辺産業も充実している。同市は2015年までの第12次五カ年計画中に、自動車産業の生産能力増強のほか、イノベーション能力を育成を目指している。このために、研究開発のための公共プラットフォームや第三者検査機関などの運営資金として毎年1億元を投入している。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/07/vehicle-production-capacity-in-tianjin-will-be-over-2-million-per-year/trackback/
この投稿へのリンク
天津の自動車生産能力、年200万台超える見通し from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET