1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

2011年6月、ベトナムで就労する外国人の管理に関する政令34/2008/ND-CPを一部改定した46/2011/ND-CPを発行した。この政令では、労働者を雇用する場合、ベトナム労働者を優先的に雇用することを明記している。

主な改定点は以下のとおりである。
労働許可証取得免除の対象者に、駐在員事務所所長、プロジェクトオフィスの代表者、海外からのNGO活動のためベトナムで従事する外国人等が追加された。
また、労働許可証を再発行することができるケースに、パスポートの更新等でパスポート番号に変更が生じた場合、勤務先が変更になった場合が追加された。

本政令は8月1日より施行となる。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/07/revised-government-ordinance-for-employment-of-foreigners/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・外国人の就労に関する政令 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET