1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.82 評価, 17 投票)
 

最低賃金法施行からわずか1日で大手パン屋チェーンが倒産した。5日付『大公報』などによると、このパン店はウエルカム(恵康)などスーパー内で多く展開していた「東京麺飽」で、30店舗を持つ大手チェーン。

職員によると、2日に社長から職員全員にショートメールが送信され、解雇と倒産を知らされたという。メールは謝罪とともに工場の賃料値上げと人件費やコストの高騰などについて述べられており、資金繰りが行き詰ったとみられている。また、解雇された全職員180人の4月分の給料や退職金などは一切払われておらず、労工処は職員らの訴えを受け会社側に約100万ドルの支払いを要求する予定だ。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/05/minimum-wage-led-bankruptcy-of-tokyo-bakery/trackback/
この投稿へのリンク
最低賃金法の影響か、パンの東京麺飽倒産 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET