1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.68 評価, 53 投票)
 

3月に全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で審議される第12次5カ年計画(2011~15年)では、香港、マカオ、広東省をまたぐ7件の越境インフラ建設プロジェクトが含まれるもようだ。

15日付『文匯報』によると、中央政府は現在、同計画の草案について各界の意見聴取を行っており、月末に全人代常務委員会で草案を確定、3月初めの全人代に提出する。草案で具体的に触れている香港・広東省・マカオ関連のインフラ建設プロジェクトは、広州―香港間高速鉄道、深セン・香港空港間鉄道、前海深港現代サービス業合作区、蓮塘税関・出入境管理所、港珠澳大橋、横琴開発区、南沙CEPA先行実施総合モデル区の7件となっている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/02/12th-five-year-plan-include-infrastructure-construction-in-south-china/trackback/
この投稿へのリンク
新5カ年計画、香港マカオ関連インフラ7件 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET