1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.80 評価, 25 投票)
 

インドネシアへの投資をお考えの方は、まず“投資ネガティブ・リスト”をチェックする必要があります。このリストは、外国投資家に閉鎖・規制されているビジネスセクターを示しており、2010年5月25日付け大統領令第36号のネガティブリストでは特定の分野・業種について下記のような規制が設けられています。


  • 外資・内資共に参入全面禁止- 6分野20業種
  • 零細中小企業・協同組合のために留保-8分野39業種
  • パートナーシップが条件-6分野36業種
  • 外資比率規制あり-13分野75業種
  • 特定の立地要件-1分野1業種
  • 特別許可要件-10分野34業種
  • 内資100%要件-10分野45業種
  • 外資比率と立地要件-2分野22業種
  • 特別許可と外資比率要件-6分野21業種
  • 内資100%と特別許可要件-2分野2業種
  • アセアン諸国の投資家向けの外資比率条件及び/或いは立地要件-3分野3業種
詳しい規制業種についてはインドネシア投資調整庁ウェブサイト・2010年5月25日付け大統領令第36号のネガティブリストをご覧ください(英語)。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/01/id-regulated-industries-for-foreign-capital/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・外国資本が規制されている分野 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET